人に言ってもなかなか分かってもらえないツインレイとの問題…そんなあなたの悩みをより解消すべく現在2020年まで書いた記事の大改訂を順次行っています(^.^) 読みづらいなどご迷惑をおかけしますが皆さんとお話できる環境も整えていきます。どうぞよろしくお願いします(^^)/

【体験談】ツインレイとのシンクロ・伏線⑥WHITEALBUM2Ⅱ

  • URLをコピーしました!
『WHITE ALBUM2』峰城祭ライブ
【小木曽雪菜】(中央)『WHTE ALBUM2~introductory chapterより』https://aquaplus.jp/wa2/ ©AQUAPLUS

こんにちは✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(^.^)

→プロフィールはこちら

ブログランキングにご協力ください→バナーをポチッと✨

ブログ村にも清き一票を✨

アニメが伏線だったって続きだね

そそ、もうツインの話としか思えん(笑)

どこら辺が?

お互い惹かれてるんだけどスンナリといかんのんよ

メンドクない方がいい♪

この記事で分ること
北原春希と小木曽雪菜との出会い
可能性を感じた時、人は暴走する
小木曽雪菜の背景にあるもの

目次

『WHITE ALBUM2』小木曽雪菜は分かりやすい…

春希に諭され思い直す小木曽雪菜
【小木曽雪菜】アニメ『WHTE ALBUM2』第一話より©PROJECT W.A.2

小木曽雪菜登場
イントロダクション
春希の予想外の反応

イントロダクション

『WHITE ALBUM2』という作品が、ツインレイとどうつながっていくのか…

前回はゲームの冒頭を紹介したけど今回はアニメの冒頭の部分の紹介をします

アニメ第一話は回想のような感じで楽しそうな三人(春希・雪菜・かずさ)の学園祭のステージから始まります♪

そしてほどよくシーンは1ヶ月前の第一音楽室に変り…隣の第二音楽室からはピアノの音が聞こえてきている

そんな中、学園祭を前にしてボーカルの女の子のバンド脱退騒ぎはゲームと一緒

そして同じように拙いながらもギター担当の北原春希に一通のメール…

それを見て春希脱退騒ぎを横目に出向いたところは、学園祭準備の実行委員が集まってる教室

そこにいたのは、実行委員

…だけじゃなく、いかにも部外者然として座ってた『WHITE ALBUM2』のメインキャラのうちの一人

『小木曽雪菜』でした

春希の予想外の反応

彼女は二年連続でミス峰城大付属を制覇✨

しかし3回目のエントリーと思われた今回は自ら『辞退』すると言ってきたのです

彼女曰く

『目立ちたくない』

『今までは、友達が勝手に応募したから』

…と、決まり文句のようなありがちな理由で断ってきた子に春希はこう言うんです

『辞退するのはあなたを推してくれた人、良いと思って応援してくれた人に対して失礼じゃないかっ!?』と

想定外なことを言われ、キョトンとするミス峰城大付属を連覇した女の子…

次第に、春希の発言が身体に染み渡り何か心の奥につっかえていたものが溶け出したのか…雪菜は穏やかな表情に

春希の発言が腹に落とし込めた様子

だが、そんなことはお構いなしにあくまで参加は自由意志であることを蕩々と諭す春希

お互いに顔は知っていたが、(おそらく)初めて言葉を交わした…そんなシーンで一話の前半シーンを終えます

目次に戻る↑

バレないと思ってたことが、次々と明かされていく…

春希に変装がばれてしまった小木曽雪菜
【小木曽雪菜】アニメ『WHTE ALBUM2』第二話より©PROJECT W.A.2

雪菜が春希に叶わないと思った時
隠していたことが見破られた
可能性を感じた

隠していたことが見破られた時

『ミス峰城辞退』騒動でのやりとりから春希に少なからず一目置くことになった雪菜

話を重ねていくうちに誰にも知られていないだろうと言うこと…

☝の写真のように、変装してスーパーで働いてることも春希に見破られていて、

しかも働きっぷりまで観察されてたことを聞かされ驚きます

…この人(春希)には叶わない→ウソは、つけないと観念し…いや、少しちがうな

春希と話すことによって自分のありのままを認められて、無理なく自分の可能性が拡がる

→雪菜は春希を何一つ隠すことなく自然ののまま・素のままで一緒にいられる人だと感じたんでしょう

可能性を感じた時、人は暴走する

こう感じた時、男女関係なく人は自分に限りない可能性を感じ暴走に近い行動を起こします

だって自分の中でじっとしてはいられなくなるくらいのエネルギーが充満してくる・溢れてくるのが分かるから

これ、実はボクにも経験あります

その昔、演劇のワークショップ受けた時

自分の可能性がパァ~っと拡がっていくのを感じました

エネルギーを持て余したのか放出したくなりジョギングを毎日毎晩6kmして一気に15㎏程シェイプアップ(笑)

ともあれ雪菜も何かが自分の目の前に拡がっていくのを感じたのは確か✨

雪菜は春希をカラオケに誘い最も素の自分である部分をさらけ出します…ヒトカラやるほど歌が好きな自分を

目次に戻る↑

”走れ熱いならっ!” 雪菜の心の背景にあるものは?

カラオケボックスでの小木曽雪菜
【小木曽雪菜】『WHTE ALBUM2~introductory chapterより』https://aquaplus.jp/wa2/ ©AQUAPLUS

雪菜が春希を好きになるプロセス
走れ熱いなら!
この時の雪菜の心の背景にあるものは?
許可が出た時、人は変容する
そして雪菜は認めてくれた春希を好きになる

走れ熱いなら!

高校の頃PANTA&HALと言うバンドが好きだったんです

そこのボーカルのPANTAのソロ時代に『走れ熱いなら』という曲があったんんですが

”熱いなら走らなきゃいいじゃん!”とボクはその当時思ってました(笑)

しかし『人は気持ちが熱い時ほど突っ走りたくなるもんだっ!』

…と、いうことを何十年かかけてやっと身体で感じ腑に落ちました(笑)

春希をカラオケに誘った雪菜はまさにその【走れ熱いなら!】状態です( *´艸`)

ツインレイとの出逢った時もこの【走れ熱いなら】状態かと

…想いのまま突っ走る状態にツインレイ男性か女性かのどちらかがなるはず(笑)

この時の雪菜の心の背景にあるものは?

本編には”サラっと”しか触れてないんですが、雪菜はどうやら中学の時に友達から仲間外れにされたことがあるんです

当然自分は何の悪気もありませんから理由も分かりません…だって思ったことをしただけなんでしょうから

しかし仲間外れにされてしまった…

”素の自分を出すのは、周りの人にとっては忌み嫌われるもんなんだ…”

と思春期に入りかけてた雪菜は思ったんでしょう

→スーパーでのバイトで変装するなんてのも元の発想はここからです

その中学での出来事…仲間外れにされてからなんでしょう

…周りに自分の素を見せなくなったのは

”自分は醜い女の子だから…”

と、物語の中盤辺りで自身が語るのも、そんな過去あってのことでしょう

許可が出た時、人は変容する

しかし、その汚いものとして仕舞って置いた素の自分を

『出してもいいよ』と雪菜は春希の言葉や感情・振る舞いから感じたんです

『いいよ♪』とGOサインが出てしまったら、もう今まで堰き止めてたものが一気に出てくるのは当然で(^.^)

ここら辺の心の描写がすごいなぁ~っと感じました

そして雪菜は認めてくれた春希を好きになる

このような経緯から、二つのうちのひとつの恋は芽を見せ始めるんです

………………………………………………………………

……………………………………………………………………………………

もう一つの恋のお相手の『冬馬かずさ』の場合はどうなんでしょう…?

次回はこの辺をお話しますね♪

と言う訳で今回は、ここまでです

次回予告

Twittrで毎日その日に感じたツインレイ男性から観たツインレイに関する日常的な氣づきを発信しています

ボクのTwitterのHomeへ 良かったら観に来てくださいね(^^)/

またZOOMでツインレイに関する相談も承ってます(顔出しは任意です)、詳細お問合せはtwin04050606@gmail.comもしくはお問合せフォームからお問合せ下さい、一緒に解決していきましょう✨お気軽にご相談ください

メルマガご希望の方はこの青文字をクリック☆只今10数通まで制作していますが、それ以降は2022年5月中に復活予定☆お楽しみに♪

おつき合いいただきありがとうございました♪旅団でした(^^)/

最近の記事

ご覧いただいてる方の中で、『WHITE ALBUM2』を観てみたい!と、言う方いらっしゃいましたら、U-NEXTの見放題プランに含まれているので、31日間トライアルにお申込みいただき、その期間内でしたらご負担なく視聴することが可能です。

目次に戻る↑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次へ戻る
目次
閉じる