人に言ってもなかなか分かってもらえない…そんなあなたの悩みを解消するツインレイ関連のメルマガの配信を開始します♪ みなさんとお話できる環境も整えます。 詳細は先頭ページ『ツインレイに関する体験談を交えたメルマガの配信を始めます♪』をご覧くさいね\(^o^)/ 

ツインレイ男性の愛し方!本音にある辛くてたまらない一途な特徴☆

一途がゆえに辛くてたまらない男性の愛し方

こんにちわ✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している一般社団法人日本ツインレイ協会所属カウンセラー『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(*^_^*)

→プロフィールはこちら

ツインレイ男性はツインレイ女性に出逢ってすぐ激しい衝動にかられるので、相手が『特別な人』だとすぐ分るし衝動が激しすぎて相手にばれないようにそれをどう押さえるか、必死で耐えます(笑)

何の気なしにツインレイ女性に会ったのにいきなり身体で感じる『愛』に出くわしそのツインレイ女性への想いが破裂しそうな勢いでまるで自分じゃなくなってしまったような感情が全身を駆けめぐって暴走寸前になるんですよ?

そんな衝動を前面に出してしまってはツインレイ女性に迷惑だろうと必死に抑えて我慢するんです

その感情を言葉に出来るツインレイ男性は残念ながらそう数は多くなく、大抵のツインレイ男性はどう表現していいか…いえ、それすら考えられずツインレイ女性からみたら挙動不審な態度・行動となって現われます

これが元で、ツインレイ女性に怪しい人と思われ敬遠されたり、人によっては実力行使に出てトラブルになりサイレントに突入するツインレイもいるはずです

ツインレイ女性はななめ上からやってくる二人の間にある『愛』そのもの(ツインレイ男性)になかなか気づけないし覚醒のテンポが噛みあわない…サイレント期間が長くなったりもするので、ツインレイ男性としては奥深い愛情があるのに上手く伝える事が出来なくて切なくなり苦しみもがきます

今回はツインレイ女性がなかなか気づけない、ツインレイ男性の愛し方…本音は辛くてたまらない一途な特徴についてツインレイと出逢ってから今までボクが感じてきたことの変化と照らし合わせお話しするので、サイレント期間に入ってお相手さんの気持ちが分からないとお嘆きのツインレイ女性のあなたには必見のお話です☆

旅団

この記事ではツインレイ女性に出逢ってからのツインレイ男性の内面的な辛さと三次元的な辛さ…そして愛し方の変化・深い愛情が分かります。
ツインレイに出逢って先が見えず思い悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです!

目次

ツインレイ男性は辛くてたまらない!

ツインレイ男性の本音は辛くてたまらない…を表現したネコ

まず最初にツインレイ男性の辛さの内面的なものと、物理的(三次元的)なものをあげてみます

ツインレイ男性の辛さの原因(内面編)
☆自分らしさが分からない
☆本当に自分を受け入れてくれる女性を知らない
☆自分の真実から目を背けているから自分を上手く愛せない
ツインレイ男性の辛さの原因(三次元編)
☆ツインレイ女性との年齢差がある
☆ツインレイの片方もしくは両方既婚者・パートナーがいる
☆ツインレイ女性と出逢ってからなぜか距離を置く・距離を置いてしまう
☆ツインレイ女性と育ってきた環境や価値観が違いすぎる
ツインレイ女性とは遠距離

ツインレイ男性の内面的な辛さ

まずは内面的な辛さをボクの体験と重ねていきますね

内面的な辛さ…デリケートなのはツインレイに出逢う前…育った環境に原因があります

ボクは生まれた場所と育った場所が違ったからか人に合わせることが多く、『自分らしさ』と言うのがまるっきり子供の頃から分かりませんでした

本当に愛してくれる女性を知らない=『愛』を知らない…生涯で初めて愛してくれる女性は通常『母親』です

しかし母親は正直『愛』よりも生まれ育った土地から離れた生活による『怒り』『心細さ』『悲しみ』が全面に出てしまっていたので、一緒にいてしんどいと感じるケースが多かったです

自分の子供なんだから愛してくれてたんだとは思うんだけど、寂しさや怒りなどの負の影響は少なからずあったんでしょう

そんな環境で育ったから『本当に自分を受け入れてくれる女性』はイメージし辛かったし、『自分の真実から目を背けているから自分を上手く愛せない』と言う状態も心のどこかに生まれてしまったんでしょう

しかしこの心のどっかに抱えてる内面的な辛さって、ツインレイ女性に出逢った直後は一掃されるような勢いで解消されてしまうんですよ

ボクのツインレイは従妹でした

親戚にツインレイが現れるのは実は珍しいことではなく、ツインレイである相手を追っかけて生まれてくるパターンがあるんだそうです

ツインレイの記事を書いている人で『めりーさん』て方がいるんですけど、この方も従弟がツインレイです

話を戻します…

ツインレイ女性である従妹はボクが気づいていないボクらしさを知っていて何十年ぶりかに再会した時『昔と全然変わらんで優しい♪』と言っていましたし、感覚が他の人と比べものにならないくらい似通っていて、ボクのすべてを受けいてくれる(であろう)女性なんだとすぐ悟りました

まさに最後のパズルのピースが『カチッ』と音を立てて合わさったような感覚でした♪

そして自分の真実から目を背けているものにも気づきます…そう、子供の頃からツインレイ女性である『従妹』に対し…他の人とは全然違うって感覚がありました

『親戚』と言う名の超巨大ブロックが目の前に立ちはだかってたんで目を背けてたんですね

おかしなことに、実は親戚一同で会うと従妹以外の人も他の親戚と違う…特別な関係に思える人がもう一人いました

なんとその人とは『母』だったのです

母は、生まれ育った街に還ってる時は別人…ていうか、いつもとは違うエネルギー?…を出してたんじゃないかな?

そう思えるくらい、従妹と母とボクの間に通う何かを感じてたんです…

従妹は子供の頃とっても母になついていたんですが、出逢った(再会した)時も母のことを『大好きなおばちゃん』って言ってました

三人とも眼の色が同じ茶色だったのも関係あるかも知れませんね

従妹と向かい合って話してた時、改めて同じ眼の色をしてるなぁ…と見つめてたら、何とも言えない感情になりました

ツインレイ男性の愛し方の第一段階…『性的な愛し方』の始まり…文字通りあふれんばかりに出てきて暴走寸前・限界突破かくらいの勢いが一方的に押し出されてきたんです

ホント…びっくりしますよ

自分に何が起こってるんだ…って

冷静さと衝動が混在してる感じ

一方的になりそうなんだけど、それは正常な状態ではないというのも分かってるんです

しかしただ押し殺していても正常には戻らない

正常な状態に近づけるにはどうしたらいいか…

考え抜いた挙げ句、行きついたのが『親戚と言う枠を外す』だったんです

今なら、そんなに気張らずにただ『素直になる』って言えるんですけどね(笑)

『素直になる』って簡単な言葉になる前には『潜在意識を顕在化する』なんてめんどくさい言葉を通過したりもするんですが♪

ともあれ…

ついにその目の前の超巨大なブロックを取っ払っう決心をするんですが、そうすんなりとはことが運ばないのがツインレイなんです

あわせて読みたい
ツインレイとの不思議な符合…ツインレイに逢いたかったと気づく時Ⅱ acworksさんによる写真ACからの写真 前回のお話↓ https://zukei57.com/twinray16/ ツインレイの特徴の一つに、多数の不思議体験をすることが挙げられてます ボクにも思...

ツインレイ男性の辛さ三次元編

ボクとツインの歳の差は8つです

赤ん坊の頃から知ってて、一番長く一緒にいたのはボクが12歳、ツイン4歳の頃…母の里帰り・帰省の時です

当時から、ツインレイ女性である従妹には先ほど書いた通り他の人とは違う不思議な感覚はあったけど気づかないフリ…って言うか、それが何なのか言葉にならなかったんで、何十年も放置してたんです

しかし、久しぶりに再会したらものの30分と経たずにすぐに『特別な人』であるって感覚がやってきました

そしては子供の頃からず~っと、ボクの求めてたお相手さんは従妹であって今まで観てきたアニメや小説・ドラマ・歌などの恋愛物の向こう側に無意識に従妹を投影してたのを悟りました

東日本と西日本…その距離800km

ずっと遠く離れて育ってきているので環境がまるで違うんですが価値観はそれほどの違いはありませんでした…

子供の頃に同じようなこともやってたしものの感じ方もほぼ同じ→多くのシンクロを感じました

『同じ方向をむいてるね』と従妹も言ってました

ツインレイである従妹とは昔から途切れることなく非常に深いつながり・きずながやはりあったんです(この時はツインレイと言う言葉も概念も知らなかったんですけどね…)

しかし、ツインレイであるがゆえなのか…すんなりことは進みません

出逢って(再開して)から2ヶ月後、あろうことかブロックを取っ払い素直に向き合おうと決心した矢先に従妹に一緒に暮らすことを約束した彼氏?が現れたんですっ!

あわせて読みたい
偽ツインレイと気づく時!特徴を見極め別れた後、ツイン男性に出逢う (出典:https://www.jalan.net/news/article/364774/) 本来一つの魂であったものが、単に二つに…半身に分かれたのではなく、一つの魂からもう一つの魂を誕生させ、その...

行く手を阻む超特大イベントでした!

せっかく何十年ぶりに再会できたのに・深いつながりがあるのが確認できたのに……すぐまた物理的にも心情的にも距離を置かざるを得なくなってしまったんです…

ツインレイ男性の一途な愛し方

一途な男性の愛し方

一般的には、女性の方が一途なイメージが強いのですが実はツインレイの関係では男性の方が一途で愛情の深さは底なしなんですが、女性はななめ上からやってくる男性の気持ちに気づくまでは気分がコロコロ変わって、気持ちが揺れ動きやすい傾向があります

ツインレイの記事を眺めると女性側の一途さにも出くわしますが個人的には男性性の方が強いと感じます

…いや、その男性の一途さこそが二人のツインレイの関係を動かす原動力になるんです

実体験での従妹の言動を追うと彼氏と一緒に住むと言った直後ボクの気持ちを伝えたら

『生活を変えることはできないよ~』と言ってたんですが、しばらくして…

『○○兄ちゃんとちゃんと向き合わんにゃいけん…』

『向き合うから会う…』と言ってきたんですが

後日、『やっぱり向き合えんから当分そっとしといて欲しい…』と後ろ向きに

これら一連の言動はツインレイの間ではよく言われてる『本心では二人のツインレイ関係は分かっているけど、それを認めてしまうと自己崩壊してしまう畏れ』があるのかも知れません

これらの発言以降、しばらく何か月か連絡をしても返事がこなかったんですが…

母の初盆になんと従妹から線香が送られてきたんです

しかもそれは、たまたま姉に連絡した日に届けられてたんです

このイベントは、ツインレイ男性であるボクの従妹に対する愛し方が第二段階に移るきっかけになりました

第二段階の愛し方…それは『内面的な愛し方』

従妹の何気ない気遣いを感じました

好きかどうかは別にして、つながりは保っていたいんだろうな…と思いました

そしてボクが連絡してくるかどうかの見極めもひょっとしたらしてたかも知れませんね

ともあれ、これが連絡再開の決め手になりました

その後ちょっとずつ連絡はしてたんですが、次の年の正月にはこんなことを言ってきました

『苦しかった時があるから今がある』→実生活にウェイトがあるよな発言

『でも、やっぱり子供の頃に戻りたい』→本来の自分に還りたい…自分軸の確立につながるような発言

そしてその1か月後には『何も私ゎ気にしてないから色々考えんでね』と、徐々に軟化していきLINEでの会話も増えていきました

この頃には母が亡くなった日(従妹に彼氏と住むと言われた日)の超特大イベントまで…想いを伝える前まではツインレイ女性である従妹をコントロールしたくなる衝動…束縛や嫉妬などの衝動がとんでもなく激しく、そんなボクのネガティブな想いがまだボクを恋愛?対象とみなしてなかったツインレイ女性である従妹に伝わらないように必死だった時期を潜り抜けていたのを感じました

言葉のキャッチボール・会話ができる尊さ…

すべてをマルっと受け入れられる気持ちにはこの時点ではまだ完全にはなれかったですが、二人の間に元々ある関係がなにがあっても壊れることがない揺るぎないもんなんだとぼんやり思うようにはなっていました

ツインレイ男性の愛し方と愛情表現

ツインレイ男性が伝えたい深い愛情…深い気持ちはともすると、あまりにも当たり前すぎてかえって分かりづらいのかも知れません

例えば『今日も一日お疲れさま~☆』が、そのツインレイ男性のイチバン伝えたい深い愛情表現だったりもします

愛情表現というと、もっと甘くロマンチックなものと捉えがちなんですが『今日も一日お疲れさま~☆』って言葉の中には、ツンレイ女性への一日何事もなく過ごせてよかったね…と言う、心の底からの深い愛情が込められてたりします

また、ボクが衝動が激しい第一段階の愛し方の頃、ツインである従妹本人すら忘れてしまってるような『当分、そっとしておいて欲しい』って言われた時、抵抗はあったけれど従妹の気持ちをやむなく受け入れ

『今は負担でしかないんだから連絡はしないでおこう』…そう考えるのもツインレイ男性の愛し方かと

とは言え、決して『別れの言葉』として受け身に終始するんでなく言うべきことはしっかり言わなきゃなんですが、そう言ったタイミングはツインレイであればサイレント期間後期に必ず来るので、安心していてください

現にボクにもこの10ヶ月後くらいにきました

お相手さんの状況も自分の状況もすべて頭にあるけれど、その上で執着を手放した素直な気持ちが言葉としてツインレイ男性の口から出てくるんです…

ツインレイ男性の愛し方!本音にある辛くてたまらない一途な特徴で分かったこと

夕陽に向かって男性の辛くてたまらない一途な愛し方を受け止める誓いをする女性

それでは今回のまとめです

ツインレイ男性の辛さの原因(内面編)
☆自分らしさが分からない
☆本当に自分を受け入れてくれる女性を知らない
☆自分の真実から目を背けているから自分を上手く愛せない
ツインレイ男性の辛さの原因(三次元編)
☆年齢差がある
☆片方もしくは両方既婚者・パートナーがいる
☆出逢ってから距離を置く・距離を置いてしまう
☆育ってきた環境や価値観が違いすぎる
ツインレイ女性とは遠距離

最後にツインレイ男性から見た統合までのプロセス…愛し方の段階の一例をボクの体験したことと重ねてみます

☆男性一般の性的な欲求から女性を愛するという段階

出逢った直後ツインレイ女性から浴びた性的エネルギーが銃爪(ひきがね)になる特別な感情を感じるが、ツインレイの愛とまだ呼べるものではなくただただ性的エネルギーによって突き動かされてしまい衝動的な気持ちだけが全面にでてくる段階

お恥ずかしいですが、書いたとおりボクにもこれはありました

強烈なインパクトがあります(笑)

☆外観や性的な欲求もあるが、ツインレイ女性の内面を愛する段階

自分(ツインレイ男性)と出逢えたからこそ、ツインレイ女性の今まで隠れていた内面が表情にストレートに現れ、ツインレイ女性がだんだん美しく輝いてくることに気づき『愛』が増します

母の初盆に線香を従妹が送って来たことによって、この段階を何となく分かるようになりました

☆愛の学びに真摯に向き合う段階

ツインレイの学びは、元は一つの魂だっだこと…男性から女性が生まれたことに気づくこと

ゆえに自分自身に真摯に向き合うために必然的に『サイレント期間』と言うお互いが離れてしまう期間に突入してしまいます

その期間は内面からもっと根源的な魂の学びが必要であることを意識し、己の未熟さと向き合わなければいけなくなるため辛く切なくなります

しかし自分のインナーチャイルドや共依存体質に向き合うとか…お互いが今まで、無意識に触れないできた心の闇の部分を自力で昇華し、次第にお互いのすべてを受け入れられる真の愛が元々二人の間にはあったことに気づいていきます

このことに取りくみ始めるのはおそらくサイレント期間後期に入ってから…自分に余裕が出来てからだと思います

☆真実の愛を知り、統合へ向けて覚醒へと進んでいく段階

内観が進み改めて相手を思いやる気持ちが生まれてくると無償の愛を身体で感じるようになります

しかし波動が低いまま言葉の上っ面だけ理解しようとすると『無償の愛』への道は険しく…途方もなく遠くに感じてしまうかも知れません

自分のやってることは、徒労に終るのではないか…とも思い悩む時がサイレント期間突入時にはあるかと

しかし、言葉のキャッチボールが出来るようになってからの気づきの小さな積み重ねが自分の心に沁み渡っていき、時間をかけて真実の愛への道を開いていきます

ツインとの関係を進めるのも自分、そして諦めるのも自分…

選んだことに対して答えが返ってくるだけ…選び進んで行きつくところにあなたの未来があるだけなんです

しかし、その選んだはずの未来も自分の意志によっていつでも変えることはできるんです

自分の気持ちには限りなく素直になり、本来の自分の進むべきトコへ辿り着きたいですね♪

今回は以上です

みなさんに上手く伝えられず至らないトコがまだまだあると思います、なにかお気づきの点コメント頂けたら嬉しいです♪

よろしくお願いします

長文におつき合いいただきありがとうございました、旅団でした(^^)/

ツインレイ男性の辛さの原因(三次元編
☆年齢差がある
☆片方もしくは両方既婚者・パートナーがいる
☆出逢ってから距離を置く・距離を置いてしまう
☆育ってきた環境や価値観が違いすぎる
ツインレイ女性とは遠距離

よかったらシェアしてね!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる