人に言ってもなかなか分かってもらえない…そんなあなたの悩みを解消するツインレイ関連のメルマガの配信を開始します♪ みなさんとお話できる環境も整えます。 詳細は先頭ページ『ツインレイに関する体験談を交えたメルマガの配信を始めます♪』をご覧くさいね\(^o^)/ 

ツインレイ再会直後に直感的に感じた事逢いたかったと気づく時Ⅴ

こんにちわ✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している一般社団法人日本ツインレイ協会所属カウンセラー『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(*^_^*)

→プロフィールはこちら

前回のお話↓

あわせて読みたい
ツインレイに出逢う直前の前兆⁈ツインレイに逢いたかったと気づく時Ⅳ 前回のお話↓ https://zukei57.com/twinray19/ の続きです さて今回は西日本へ二度目の演奏旅行に行った時のお話です 近くを通るので演奏旅行のついでに久しぶりに従妹に...

の続きです

実にうん十年ぶりに従妹に逢うことになるのですが、その日の夜が明ける前からもうテンション上がりまくりでした(笑)

さて、どんな展開になるのでしょう

旅団

シリーズ『ツインレイに逢いたかったと気づく時』

…実はボクのツインレイは従妹なんです。
最近再会し、その特別感が尋常でないのに気づきました。

このシリーズでは子供の頃から不思議に感じてたことや再会してから起こったシンクロ二シティに関してまとめました♪

”ツインレイに出逢ったかも知れない…”と思われてる方々の参考になれば幸いです

旅団

今回はいくつかの伏線を経てついにツインレイである従妹に何十年ぶりかの再会する朝の行動と実際に逢った時の印象・湧き上がってきたものを書きました

緊急告知!!

YouTubeの『きずなツイレイチャンネル』の管理者きずなさんと一緒に明日3月26日18時よりツンレイに関してのオンラインライブ!生対談をオンエアします☆興味ある方は↓の『あわせて読みたい』を今すぐクリック

目次

ツインレイに出逢う伏線?実は従妹の家には十何年前に行っていた

我が生まれ故郷

ボクの生まれた街…従妹の住んでる街には、おばぁちゃんが亡くなってから予想通り久しく足を踏み入れていなかったんです

しかし十何年前仕事で近県まで行く用事があって、普段よりは全然近いんで何となく会いたくなっておっちゃんに連絡とって行ったことがあるんです…その時は従妹は家を出て生活していたので逢えなかったんですけどね…

そしておばさん(おっちゃんの奥さん)はガンで入院はしていたんで家にはおっちゃん一人だけでした

その数年後おばさんは亡くなり残されたおっちゃんも後を追うようにすぐに亡くなってしまいました

今回の演奏旅行での訪問はそれからさらに十何年経ってのことです

おっちゃんに連絡とって行った時も感じたけど、今回はそんなもんじゃないくらいテンションがもう上がりまくりです(笑)

西方面に出かけると名古屋あたりから段々テンションが上がってくるんですが、今回は従妹の住んでるお隣の県に入ったくらいから漂っていた空気が一気に変わって当日テンションMAXである種の興奮状態にっ( *´艸`)☆

逢う約束の日の早朝、時間があったので高ぶる気持ちのせいか街の向いの見晴らしのいい山になぜか登りたくなり車を走らせました

電波塔もあるその山のてっぺんからの風景はもう総てが…総てがキラキラ輝いていて°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ここが…この街がボクにとってのパワースポットだというのを肌で悟りました(感じたと言う言葉よりかなり強い実感)♪

そして、漠然と”ここに住むことになるかも知れない”…と、従妹とどうこうなるという意味じゃなく、ただただ単純に、その考えが頭に浮かびました

さて、山頂?で歯磨き洗顔・身支度も完了し、いよいよ従妹との再会…出逢いです

ツインレイの出逢いの特徴である公共の場で再会した直後、『特別な人』と感じる

絶景を楽しんでその場所を後にしたけれどまだまだ約束の時間には早かったので、従妹の家の近くのそれほど高くはない石段で登って行ける思い出のある高台に行ってみました

そこから観た景色はさっきの場所とはまた違い、子供の頃の母の帰省の際しょっちゅう行ってたトコだったので自然に嬉しさが一緒に詰まった懐かしさが込みあげてきます♪

”確かにここに来たことのある場所だ……♫”子供の頃の色んな思い出がブワーっと頭の中を駆け巡ります

懐かしさに浸った後その街の駅に行くとちょうど新駅舎が完成したらしく何やら忙しそうに駅員さんや関係者らしい人たちがあちこち歩いてました

そんなこんなで少し時間を持て余し気味に行きかうバスなどを眺めていたらほどよい時間になりました

タイミングを見計らって従妹に連絡したら…

『これから化けてからいくけー、バスの時間みたらまたメールするね♡』

『(何十年も逢ってないから)顔見てすぐ分かるじゃろーか?✨』

と、従妹から嬉しそうに笑ってる顔が見えるような返信が帰ってきました

待ち合わせ場所は計らずもツインレイが出逢うと場所と言われている公共の場所、そう…駅前です

くどいようだけど、その時は全くツインレイと言う名称や概念も何も知りません

連絡受けた時はただ単純にやっぱり従妹の家ってのは無理かな、警戒されてんのかなぁ…と思い少しがっかりした憶えがあります(まー当然ちゃ、当然すよね(笑))

そんなこんなで、あれこれ考えてるうちについに従妹を乗せたバスが来る時間に…

メールに書かれてた服装や持ち物を目印に到着したバスの周辺に目をやり探しました

………………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………………………………いたっ☆

そこには、若干老けて(自分も従妹から観たら老けて見えただろうw)疲れてそうな顔ではあるけど、紛れもない従妹がいてどんどんこっちに近づいてきました

『すぐ分かって良かったぁ~♪もう、一生逢えんと思-とったんよぉっ♡』

開口一番彼女はそういいました

何十年ぶりに逢ったのがまるっきり気にもならずに普通に二・三言葉を交わしボクたちは歩き始めました

実は少し心配してたんです、余りにも久しぶりなんでぎこちない会話になったらどうしようかと(笑)

そんな心配もすっかり消え彼女が見繕ってくれたお店に二人並んで向かってる途中なんらかの雰囲気が二人の間に漂ってたのをボクが感じたんでしょうか…なぜだか分かんないんだけど再会間もないのに突然直感的にある想いが湧いてきました

”この娘は………………………………………………………………………

……………………………………………………………………………自分にとって特別な人だっ!

そんな、イメージがフヮッ………っと頭の中を通り過ぎたんです

もう一回言いますがこの時は全く・完全に・パーフェクトに!…ホントにホント、ツインレイなんて名称すら知らなかったんです

ツインレイの瞳に引き込まれてしまいそうになる

従妹が逢うために事前に選んでいた最初のお店は残念ながら営業時間外でしたが、複数選んでいたらしく二つ目のお店は混んではいたけれど、難なく入ることができました(笑)

テーブルに座って少し落ち着いてから目にしたのが…従妹の瞳の中に映るボクの姿でした

ひょっとして端から見たら食い入るように見つめてたかも知れません

瞳がボクと同じ色をしてるのは、以前書いたように子供の頃から知っていたので不思議に思いませんでしたが他人はもちろん、他の親族にも感じないモノを従妹に感じてたんだと思います…時間が止まったようには感じませんでしたが(笑)

そして、金銭的なことや話足りないこともあって、泊まるとこ決めてないのなら従妹の家に行って…ばぁちゃんやおっちゃん、そしておばさんの墓参りも一緒にしようと話がまとまり行くことになったのです

さぁ、従妹の家でどんな展開があるのでしょう…

引き続きツインレイに逢ったらどういう心理状態・出来事が起きるのかを綴っていきます

今回はここまでです

おつき合いいただきありがとうございました、旅団でした(^^)/

でわでわ、また別の記事でお会いしましょう♪

この話のシリーズはここから↓

あわせて読みたい
ツインレイの名称の起源は?ツインレイに逢いたかったと気づく時Ⅰ ツインレイとは一つの魂が… ツインレイを検索したら、聞き飽きるくらいに何度も何度も溢れるように出てくる一節かと思います(笑) 中には、桔梗さんのような神さまと(ツ...

で、この話の続きはこちら♪

あわせて読みたい
ツインレイとの思わぬ再会ツインレイに逢いたかったと気づく時Ⅵ 前回のお話↓ https://zukei57.com/twinray22/ の続きなんですが…みなさん、気づきましたか? …そう、前回ツインレイである従妹との再会(出逢いと言っていいとも思う)の...

緊急告知!!

YouTubeの『きずなツイレイチャンネル』の管理者きずなさんと一緒に明日3月26日18時よりツンレイに関してのオンラインライブ!生対談をオンエアします☆興味ある方は↓の『あわせて読みたい』を今すぐクリック

よかったらシェアしてね!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる