人に言ってもなかなか分かってもらえない…そんなあなたの悩みを解消するツインレイ関連のメルマガの配信を開始します♪ みなさんとお話できる環境も整えます。 詳細は先頭ページ『ツインレイに関する体験談を交えたメルマガの配信を始めます♪』をご覧くさいね\(^o^)/ 

ツインレイ男性にとってツインレイ女性はどう言う存在⁈

女神の休息

こんにちわ✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(*^_^*)

→プロフィールはこちら

ブログランキングにご協力ください→バナーをポチッと✨

ツインレイ男性にとってツインレイ女性はどう言う存在なのか…

答えはツインレイ男性によって様々ですが、ツインレイ概念で良く見かけるのは『女神』です

ボク的には女神とは思わないけど、特別な存在です(笑)…

今回はツインレイ男性からみたツインレイ女性はどう映っているのかをお話します

旅団

ボクのツインレイは従妹です
赤ん坊の頃から知っているので女神とはイメージしにくいですが、伏線で『女神』ってキーワードは出てきたんでツインレイを知らない時期調べまくってた頃いたるところでよくツインレイ女性は『女神』と言われてて驚いた憶えがあります

この記事ではツインレイ男性がどうツインレイ女性を観ているのかが分ります

目次

ツインレイ男性にとってツインレイ女性は特別!!

我思う
ツインレイ女性が特別な理由

昔から知っている感覚

時間と空間の感覚がない

他にない安心感を感じる

力になってあげたくなる

昔から知っている感覚

これはボクにしてみたら、ツインは従妹なんで当たり前な話なんだけど、冷静にもっと遡って行ってまだツインが幼児で初対面の時に昔から知ってるような存在で既に特別感もあって目が離せない存在だったのは確かです

で、それは端から見てもなんとなく分ってたようで、家の姉もなんか周りの親戚と違う印象があったそう

ただその周りと違うように感じたのはボクら二人だけでなく母も含まれてたと(@_@)

先日前世リーディングしてもらったら、三人一緒に海を渡って今の従妹の住む街へやってきたんだというリーディング結果

ボクもツインである従妹も海がなぜか好きなのでまんざら奇想天外なことではないかなって思ってます(^.^)

時間と空間の感覚がない

ボクとツインの家との距離はは800kmほど…遠く離れていて今までに逢った日数にしても合計で2ヶ月もありません

そんな二人が2年前に何十年ぶりに逢った時のこと…

『何十年も逢ってないから分るじゃろうか?』と言ってたんだけど、そんな心配は無用で一発で分りました✨

しかも時間の経過を感じさせず、いつも逢ってるような感覚での会話でホントに何十年も逢ってなかったんだっけ?と思いたくなるようなひとときを過ごしたんです

こう言った感覚が呼び起こさせたのか…すぐに『特別な人』なんだって感じました

他にない安心感を憶える

逢った時に彼女の家でサシで飲みながら話したんだけど言いようのない安心感を感じたのは確か

これ、ボクだけじゃなく彼女も同じように安心感を感じていたと後から聞いて”やっぱりな…”と

なんで何十年ぶりに逢ったかというと、西日本に演奏旅行に行ってその合間で逢ったからなんだけど、逢う数日前に某ライブハウスで対バンだった人がいるんだけどなぜか曲が妙に氣に入ってその人のCD買って(しかもゾロ目の日だったw)車を運転中にヘビーローテーションになった曲がいくつかあったんだけど、これがツインの家で感じたシチュエーションを彷彿させるような曲だったってのを後から改めて聴いたみて氣づいたんです

力になってあげたくなる

ツインの両親は10年程前に亡くなっていて、ツインは息子さんが寝てから毎日毎日泣いてたそうです

聞いた話しからすると相当辛かったらしく2年前の時点でも泣いていました

両親が亡くなったのは親戚だから風の便りで知ってたけど、何十年も逢ってないうちにそんなことがあったのかと…力になってあげたいと思いました

ツインレイ女性はツインレイ男性にとって女神なのか⁈

身近な女神
【ディアナ(鮎川天理を宿主とする女神)】©若木民喜・小学館/ユピテルの姉妹『神のみぞ知るセカイ女神編』第9話より引用
ツインレイ女性がツインレイ男性にとって女神である理由

男性の覚醒のカギを握っている

互いに高め・学び合える

安らぎがハンパない

ツインレイ男性に取ってツインレイ女性は『女神』だとよく言われてます…

女神と言うと美しくて聡明でついつい目線がいって惹かれるんだけど、神々しくてなんか近づきがたい(格好悪いとこ見せらんないなとか…)

これってボクから見ると単なる憧れの人に抱くイメージでしかなく、ツインレイ女性に対する想いとはちょっと違う感じがするんですね

それよりも良く話すソウルメイトさんとツインレイの関係を良く表してるなぁって表現が会話から飛び出したことあるんだけどそれは…

『お茶の間ツインレイ』(・∀・)(笑)

『え~ッ!ツインレイってそんな野暮ったい関係なの~💢』…とがっかりしたあなたのために言い換えるなら

『ツインレイは”青い鳥”そのもの』と言えば『あ~…』と、納得してもらえるでしょうか(^.^)

話は変るけど、その昔『神のみぞ知るセカイ』というマンガがあったんだけど(この章の冒頭の写真はその1シーン)『ユピテルの姉妹』という女神が多数登場して、女神全員が主人公である男の子を好きになるんだけど、その男の子は最終的に女神でも何でもない普通の女の子を選んだんです(@_@)

このマンガの最終回を観た当時のボクは女神の中の宿主として主人公の幼なじみの子がいた(ボクのツインは従妹なんで思い入れが無意識にあった)のでこの落ちに超絶不満を抱いて自分の納得出来るストーリーを求める旅をしたんですが→これがツインレイに出逢う伏線になっていたんです

今なら男の子がなんでその子を選んだか分ります→それはどんな才色兼備な女神よりも自分にとっての身近な女神だったから…

前置きが長くなったけど、 ここからツインレイ女性がツインレイ男性にとって女神である理由を説明しますね♪

男性の覚醒のカギを握っている

これはその通りで2年前に逢った時、ボクの封印が解けました

それは特別な人って思えたのだけじゃなくて、伏線があったとか思い返せば生まれてこの方エンジェルナンバーにずっと囲まれてたとか、昔の写真からこの再会が前もって決められたと思えるものが見つかったとか…

180度までとはいかないけど氣づいてくれと言わんばかりの出来事が立て続けに起きたんです

ボクもビックリだけど、聞かされたツインはきっとまだ何のことやら状況が飲み込めず訳分らん状態でしょう…

互いに高め・学び合える

こう書くと、非常に仲睦まじく感じるでしょうが(間違いではないけど…)

ツインレイの関係はお互い隠したい・氣づかなかった部分を容赦なく炙り出す関係なので、感情の起伏が激しいに富んでいる関係(笑)

決して楽しくはないんだけど、これはこの世でしか出来ないことなのでそのジェットコースターのような感情の起伏を楽しむために生まれる前にプログラムしてきたんだと言う考え方もありますね♪

安らぎがハンパない

これは他の誰にも感じない唯一ツインレイ女性に対してだけ感じるもの→もふもふどころの騒ぎじゃない(・∀・)

…なんだけど、越すに越されぬ大井川(笑)

なかなか安住の地にはたどり着けない部分があってしんどさを感じる時もあるんだけど最終的には行き着けるはずです

まとめ

女神にならなくたっていい大丈夫
【小阪ちひろ】アニメ『神のみぞ知るセカイ女神編』第12話より引用 ©若木民喜・小学館/ユピテルの姉妹 
ツインレイ女性が特別な理由

昔から知っている感覚

時間と空間の感覚がない

他にない安心感を感じる

力になってあげたくなる

ツインレイ女性がツインレイ男性にとって女神である理由

男性の覚醒のカギを握っている

互いに高め・学び合える

安らぎがハンパない

ツインレイ女性は女神である…ツインレイ男性はそんな崇高なものを求めてやしません

おはよう♪

おはよう

が、当たり前に出来る関係でちょっぴり自分のことを想ってくれてたら、なお嬉しい

それがあれば何も要らないって思えるのがツインレイ男性からみたツインレイ女性なんです

だから、何者にもなる必要なんかないんです

あなたはあなたで素晴らしい✨

後はお相手とのやり取りでゆっくり自分なりに変っていけばいいんです

無理なく人生過ごしていきたいですね(^.^)

今回はこれで以上です

Twitterで毎日その日に感じたツインレイ男性から観たツインレイに関する日常的な氣づきを発信しています

ボクのTwitterのHomeへ 良かったら観に来てくださいね(^^)/

でわでわ旅団でした☆

またお会いしましょう(^^)/

最近の記事

よかったらシェアしてね!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる