人に言ってもなかなか分かってもらえないツインレイとの問題…そんなあなたの悩みをより解消すべく現在2020年まで書いた記事の大改訂を順次行っています(^.^) 読みづらいなどご迷惑をおかけしますが皆さんとお話できる環境も整えていきます。どうぞよろしくお願いします(^^)/

ツインレイの特徴の一つ。不思議体験・シンクロニシティが多発⁈

(出典:https://fi.pinterest.com/pin/659214464179969308/)

こんにちは✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(^.^)

→プロフィールはこちら

ブログランキングにご協力ください→バナーをポチッと✨

ブログ村にも清き一票を✨

ツインは不思議体験すんの?

体験した時は不思議って感じないけどね

どゆこと?

体験してたことがツインと関連してたんだって逢った後で分るんよ

旅団

今回はツインレイの特徴である、不思議体験の中でもお相手さんから受ける印象でなく、お相手が目の前にいない時に起こるシンクロニシティをツインと出逢う前後に分けて話します

目次

ツインレイ不思議体験・シンクロニシティ…出逢う前編

足湯を二人で

★不思議体験・シンクロニシティ…出逢う前編
お相手との名字が似ている
お相手の名が姉の名に一文字足した名前
実家の電話番号がエンジェルナンバー
出逢う伏線がアニメ作品
友達とツインの住む街へ演奏旅行

まず、シンクロニシティとして思いつくのは苗字がなんとなく似ていて、お相手さんの名前は姉の名前の間に一文字入った名前です

そしてボクの実家の電話番号ですが、ツインレイであるお相手さんの誕生日と自分の生まれた年号とを合わせたような電話番号なんです

しかも、ゾロ目…エンジェルナンバー(@_@)

現在は電話番号も選ぶことができますがボクが子供の頃は選ぶことは企業やお店でもない限り無理だったので、局番も下4桁の番号もエンジェルナンバーだなんて殆んど奇跡としか言いようがありません

そして、今まで何回か引越して電話番号が変ってもつねにお相手さんの誕生日が入っていたりします

またボクの誕生日とお相手さんの生まれた年号が同じだったり…

これらだけでも今思い返せば十分不思議体験…シンクロニシティであると思うのですが…

ツインレイであるお相手さんに出逢うまでの他の伏線…シンクロニシティとしては、出逢う数年前にそれまで見向きもしなかった恋愛物のマンガ…アニメを先に知ったんですが、なぜか非常に気になり…と言うか、恋愛物とも知らずに何気なく流し観していただけなのにそのアニメにいつの間にか入り込んでしまい、単行本全巻読破までしてしまったのです(お時間あれば、以下の記事を参照してみて下さい)

しかし、このマンガの最終話…エンディングがどうにも納得できずに気に入らなく…そして落ちつかないので、自分が納得できるエンディングの他の恋愛物の(なぜか)マンガはないか熱心に探す日々が続きました

…こんな行動はそれまでのボクからしたら考えられない行動なんです

で、行きついたのがまさかのエロゲー(通常のアニメにもなってますょ笑)だったのです

そのエロゲー…当然マルチエンド(複数のエンディング)になってるんですが、そのメインのエンディングが当時のボクが求めていたもので素直に納得できるものでした

今思えばそのエロゲーは『ツインレイ』が裏テーマとしてあったのかも知れません

後から知ったことですが発売日がエンジェルナンバーを知ってる人が見たら明らかに意識している発売日でした

ともあれ恋愛マンガの一件がひと段落してからしばらくすると…今度は無性にとある街に行きたい衝動にかられてきました

その場所とは自分の生まれた場所なんですが、親の転勤で遠くに住むことになり久しく行っていなかった街です

その街にツインレイのお相手さんと感じた人は住んでいて…表現が回りくどいんで正直に話すとなんですが、行きたい衝動を感じた時は彼女のことはまるっきり考えてもいませんでした

思っているだけで…実行もせず年月だけがダラダラと過ぎてたある日、友達からその街の方面に演奏旅行に行かないかと言う誘いが偶然あり、図らずも自分の意志ではないけど…友達からの誘いがきっかけで行くことになったのです

その演奏旅行では、ツインレイと思われる彼女には逢わなかったのですが、拍車がかかったのか、運命が動いたのか…はたまた『宇宙ツインレイ見守りセンター』許可したのか(笑)…次の年、今度は自分の意志オンリーと、当時は思ってましたが出向き、そして何十年ぶりかの再会を果たすこととなるのです、まるでプログラムされてたかのように…

ツインレイ不思議体験・シンクロニシティ…出逢う直前編

夕陽に鐘

★不思議体験・シンクロニシティ…出逢う直前編
ツインに逢えるかなぁと無意識に呟く

逢うことになったけど…これも、すんなりと逢う訳にはいきませんでした

電話番号(固定)は姉ちゃんから聞いて憶えていたものの、電話しても出ないのです

すぐ直感で”固定電話にかけても(勧誘のような電話か)用心して出ないんだ”と、ふと浮かびました(これも不思議体験かもですがw…後日、本人に訊いたら、ビンゴでした。)

そこで携帯電話なら出るだろうと思い番号を知っている姉に電話してくれるよう頼んだんですが、渋られたので諦めざるを得ないかな…と、思う日が数日続きました…

しかし数日後渋ってた姉がなぜかお相手さんに連絡してくれ、番号も教えてもらいショートメールを送り姉ちゃんが連絡してくれたことが功を奏したのか、ほどなく返信がきて、めでたく逢うこととなります

後日姉ちゃんから聞いたことですが、出かける前にボクが”○○ちゃんに会えるかなぁ…”と、呟いていたと言うんですがまったく言ってた憶えがないんです(笑)

…これも不思議体験の一つかもですね

ツインレイ不思議体験・シンクロニシティ 出逢った直後編

ハート型の雲

ツインレイのお相手と出逢った当日にも感じましたが、生まれたその場所は他の土地と全然違う力を感じ不思議なことに自分から見る風景はトンデモなくキラキラして見えたんです

自分に取ってのパワースポットなのかも知れない…と、フッと頭に浮かびました

そんなこんなで逢う時間となったのですが…逢った場所が…ツインレイの特徴の鉄板である公共の場所です(笑)

出逢ってすぐツインレイだと感じる他の一連の特徴と呼ばれるものも、ほぼすべて感じました

出逢って一番ビックリしたのは…

”お帰りなさい♪、もう一生逢えんと思-とったんよ☆”と、ボクも感じてたことを言われたことでした

”この人は普通の人と違う…自分にとってだ…”と、声ならぬ声が聞こえました

…そうこの時は『ツインレイ』という言葉なんか知りもしませんでした

そして出逢ってしまってからお相手さんのことが頭から消えず、性的エネルギーにやられたのか強い衝動が続きそれをやっとのことで抑えていたので悶々とした日々がしばらく続きました

そんな想いが続いてたある日…仕事先の電話になんと、ツインレイと思われる従妹のまだお会いしてなかった息子さんから電話がきたのです

ツインレイのお相手さんである従妹には、仕事先のことは逢った時に一切話していません

しかも…その電話を取った前の日も後の日もシフト休で、その日も受付終了時間ギリギリで取ろうか取るまいか…と、悩んで取った最後の電話だったのです

ボクにとってあまりにも不思議な出来事に感じたからか、シンクロニシティに関して調べてたかは忘れましたが、無我夢中でネット検索をしました

そこで、『ツインレイ』という言葉とその意味をやっと知るに至ります

そこでもう一度自分がツインレイである従妹に逢ったらどう感じるか確かめたくなり、従妹と逢う約束をします

また逢えるのをお相手さんも楽しみにしていると言ってたので、待ち遠しく指折り数えるような気持ちでその日を待ちました

が、その逢う日の直前…なんと前日までピンピンしていた母が急に亡くなってしまったのです

しかし、お相手さんは”楽しみにしている♪”と言っていたので、会うことを確認するために、連絡をしたら…『彼氏と住むことになったから会えなくなった。』と、平然と言われ断られました

…もう、頭の中は色んな感情が混じり合い、大混乱にならざるを得ませんでしたやっと逢えたのに…そして今までに自分が興味を惹かれたものは、無意識ながら総てツインレイである従妹に繋がっていたものだったということに気づいたのに…です

しかも…母の亡くなった日づけが何と自分とお相手さんの誕生日のちょうど…ピッタリ、ど真ん中にあたる日でした

おまけに、お相手さんが彼氏と一緒に住むことにした日が亡くなる、その前日…それは、なんと自分の誕生日であり、お相手さんの産れた年の年号の数字を逆さにした日だったのです

ツインレイ不思議体験・シンクロニシティ…気づいたその後編

一生忘れることができない…衝撃的な一日を経たその後は、必然的なのか桔梗さんの言う『宇宙ツインレイ見守りセンター』のプログラムのせいか(笑)頭中がグチャグチャのまま、ツインレイの間で必ずあると言われている→いわゆるサイレント期間に突入します

せっかく近づいた距離が何かの力で離されたとしか思えませんが、サイレント期間だからと言って連絡してはいけないことはありません

月に一度くらいは自然の流れ…親戚でもあるので、電話せざるを得ない出来事が起きた時だけ入れてました

そんなある日なぜか姉からツインレイである従妹も写っている昔の写真があるとメールで送ってきたので、その写真を従妹にも送りました

その後気づいたことですが何とその写真を撮ったのが何年前であったかと言うと…自分の誕生日・お相手の産れた年号と同じ数・年数だったんです

しかも、ごていねいにもその写真に写ってるボクが着ているタンクトップにプリントされた数字も、同じ数!!

…断っておきますが、亡くなった母は誕生日と同じ数字だからと意識して、子供に物を買う人では決してない天然の人だし、なんでそのタンクトップを着てた写真を姉が見つけたのかも分かりません…ただただ、不思議なだけです

ツインレイの特徴、不思議体験・シンクロニシティが多発⁈まとめ

(出典:https://invite-fukuoka.com/instagram-spot)

いかがでしたでしょうか?

一つ一つをとったら単なる偶然なんですが、まるで出逢うためのプロセスを一つづつ踏んで進んでいるような出来事が一時期にまとめて起こってしまったのを経験した身としては、なにか大いなる意思が働いてるのではないかとも信じたくもなります

しかし捉われていてもいけないです

ツインレイと思われるお相手さんと出逢って以降、エンジェルナンバーも頻繁に見るように感じますが、頭がそれ以外のナンバーも見てるのに、関係づけたい想いがあるので、無意識にエンジェルナンバーだけ取捨選択して、あたかも出逢ったことが単なる偶然ではない気分にボク自身が思い込みたいだけなのかも知れません

また従妹はツインレイではないかもだし、そもそもツインレイ自体あり得ないもの

ですがツインレイに出逢うための伏線を逢う前から経験し、ツインレイと出逢ってから至るであろうプロセスをほぼその通り辿ってしまうと、ツインレイと言う存在はあり得ない話でもないな…と、思う気持ちがどこかに残ってもいるんです

ともあれ、ツインレイであるお相手さん…従妹に関しては今はひたすら見守るだけ

必ず一緒に…つき合う・結婚する仲になるとは限りません、ましてや物理的にも遠い距離にいるお相手さん

しかし最近連絡の回数も増え、まだぎこちなさが若干あるものの、以前と同じように話せるようになってきてもいるし、ツインレイかも知れないと言うことは伝えていて、受け止めてはいるようです

2020年はツインレイの年とも言われていますが先を焦るのではなく、成り行き任せで…その時、感じたことを素直に行動や言葉にしていけば、きっとその方向通りに不思議体験をしながら試練を越えて進んでいくのでしょう

以上で、今回の記事は終りです

Twittrで毎日その日に感じたツインレイ男性から観たツインレイに関する日常的な氣づきを発信しています

ボクのTwitterのHomeへ 良かったら観に来てくださいね(^^)/

またZOOMでツインレイに関する相談も承ってます(顔出しは任意です)、詳細お問合せはtwin04050606@gmail.comもしくはお問合せフォームからお問合せ下さい、一緒に解決していきましょう✨お気軽にご相談ください

メルマガご希望の方はこの青文字をクリック☆只今10数通まで制作していますが、それ以降は2022年1月中に復活予定☆お楽しみに♪

でわでわ旅団でした☆

またお会いしましょう(^.^)

よかったらシェアしてね!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる