人に言ってもなかなか分かってもらえない…そんなあなたの悩みを解消するツインレイ関連のメルマガの配信を開始します♪ みなさんとお話できる環境も整えます。 詳細は先頭ページ『ツインレイに関する体験談を交えたメルマガの配信を始めます♪』をご覧くさいね\(^o^)/ 

ツインレイ男性の怒りの深層心理!なぜいつまでも収まらないのか⁈

怒れる男性

こんにちわ✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(*^_^*)

→プロフィールはこちら

ブログランキングにご協力ください→バナーをポチッと✨

ツインレイは究極のパートナーと言われてますが、時にすれ違いを起こし往々にしてそれがサイレントに繋がっていきます

全ては氣づきのために起こるんですが、魂がまだ未成熟な場合、激しい怒りになることがあります

今回はその『怒り』に焦点をあてお話していきます

実際にボクが体験してる怒りについて、
どうして怒りを憶え怒り長く続いたのか…

その原因と解消されるまでのプロセスを
具体的にお話します
あなたのツイン道の一助になれば幸いです

★この記事で分ること
ツインレイ男性であるボクの怒りの発端
ツインレイ女性を我慢できず怒った理由
怒った後どう感じたか
怒りが再浮上し収まるまでの変遷
怒りは自分で収めるしかない!

目次

ツインレイ男性であるボクの怒りの発端

怒りの中に諭そうとする力が…

まずお断りをしなきゃいけないのは『ツインレイ男性』と銘打ってはいるけど、以前からお話している通りツインレイの場合、男性女性と分けるのには少々無理があって『男性性』『女性性』の気質による処があるのでツインレイ女性でも思い当たるところあるのでご自身のことと照らし合わせながら読んでみてくださいね

それでは始めます…

怒りの発端は何十年かぶりに再会し、なぜか『特別な人』と内なる声が聞こえ心身共に暴走気味になり、異常を感じたのでネットなど調べまくったら『ツインレイ』というキーワードにヒットし、どうやらそれにまつわる症状と言うことが分り、ハッキリさせようと2ヶ月後また逢いたいと連絡したところ

『その日会社休むわ、サシで飲もうや楽しみにしてるぅ ヾ(´∀`)ノ ワーイッ✨』

と、言ってきたので楽しみにしてくれてんだなぁと思い嬉しくなりました♪

ところが…

再会の約束があと数日と言うところで母が突然亡くなってしまったんです

ボクのお相手は従妹なので連絡しない訳にはいきません

当然連絡する時には再会を約束した日が近いという頭があるので、亡くなったことで中止にしたくないと言う考えがよぎりました

そこで、連絡したところ『彼氏と住むから逢えなくなった』とあっさり言ってきたんです

正直再会の約束をした時に彼氏と上手くいきだしてるような言い方はしてたのでイヤな予感はしてたんですが、それにしても一緒に住むとは…しかも連絡する前日に決めたと言ってのけました

あの (『その日会社休むわ、サシで飲もうや楽しみにしてるぅ ✨ 』)は何だったのか…

今までにも似たようなドタキャンはあったけど、例え前日に決めたにしても少なくとも相手側から断りの連絡入れてきたんですが従妹はボクから連絡行くまではなにもアクションなし…

正に晴天の霹靂としか言いようがなく、ボクとしては母の死とのダブルショックで呆然としました

ただ、この時点では怒りはなく実家に戻らなければいけないこともあって

『一生後悔するから言うが…子供の頃からずっと好きだったんだぞ!』

とだけ告げて、早々と切上げ実家に向いました

ツインレイ女性を我慢できず怒った理由

女性を叱る男性

母が亡くなったこともあり、数日は毎日従妹と連絡を取り合い時には姉もいるので電話で話したりもしました…が、常に頭にあるのは『裏切られた感』です

それなのに従妹の態度はシレッとしてて、何事もなかったかのように謝るでもなく普通に対応しているだけならまだマシなんだけどある日

『明日から彼氏が来るから今までみたいにすぐ返事はできないけど○○兄ちゃんとは話したいからゴメンしてね』…と

逢うことをドタキャンされた上にこのこの中途半端な扱い…ハッキリ言って”オレはコンビニ君かよ💢”って当て馬のような気分になって情けなくなりました(>_<)

このやり取りの前だったか後だったか忘れたんですが『子供の頃も今も親戚としてでしか好きじゃない!』と言ってきました

でも、これはウソだと言うのがすぐに分って…

ボクになついてた子供の頃というのはまだ幼女で『親戚としてでしか好きじゃない』と思う訳がないんです

それを裏付けるように姉からの話だとケンカして1ヶ月くらい経ってから子供の頃の写真が送られてきていつ頃の写真か訊いてきたと言うんです

それに親戚としてでしか好きじゃないんだったら、ドタキャンせずに彼氏と一緒に会う選択肢だってあるはず…

ボクとしては、この頃には母が亡くなった日のことを考えても彼女との関係はツインレイだとほぼ確信していたのでついでのように扱われたので腹が立ってきました

そして、次にシレッとした態度を取ってきたら怒ろうと思い、その通りのリアクションをしてきたんでその夜ついに怒ってしまったんです

ツインレイ女性を怒った直後何を感じたか

怒った後の痛手

怒る時に感じたいくつかの迷いをあげてみました

ツインレイ女性を怒った直後何を感じたか
◆ツインが従妹であるが故に思うこと
◆理性的に考えながら怒ったが感情的と取られた
◆相手は何とも想ってないかもだし考えがあるかも知れない

ツインが従妹であるが故に思うこと

まず、自分でもある意味不思議ではあるんだけど、従妹がツインレイだと確信してること

偶然とは思えないシンクロが立て続けに起こり、身体的にも異変があったのでまず間違いないんだが、何でこんな絶妙なタイミングで拷問・罰ゲームのようなことが起こるんだと改めて思った

紙くずのような扱いに思え、ないがしろにされたことを怒ってる自分がおかしいのかとも思ったけど、いとこにツインレイが現われるケースは結構あって、魂が相手を追っかけてきたからという説もあるんです

だとしたら、これは何のお試し…嫌がらせなんだろうって思いがしばらく続きました

理性的に考えて怒ったが、感情的ととられた

ツインレイ男性には理性的な人が多いらしいがボクもそうなのか…

お相手の意志は尊重しててあくまでも怒ったのはドタキャンしたことに絞って言ったつもりだったけど、なんで再会したかったかまで話したから、従妹には感情的に話してるように感じたようで、ボクの主観で話してる部分もあるだろうから間違ってるなら言ってと注意書きしたのに、それに氣づかないくらいの凄い勢いで逆ギレして答えてきた

…間違ってる部分もあっただろうけど図星の部分もあったように思う

何とも想ってないかもだが考えがあるかも

ちょっと違和感を感じたのは、出逢って2ヶ月ほどのスピードで彼氏と住むと言い出したこと

息子さんがその年大学に進学するからと言うのもあるだろうけど、ほんの2ヶ月前には

『また帰ってきてね』『一緒にお墓参りしよう』『逢うの楽しみ』…と言っていたのになぜ急に住むことになったのか

しかも、逢った時開口一番に言って来たことのシンクロや一緒にいて落ち着くと発言もしてたし、幼児の頃に『結婚するぅ』と言ってたのをことごとく覆したのは何か理由があるんじゃないかと…

理由があるとしたら逢って話した時『○○兄ちゃんはえぇ人おるん⁈』と訊かれた時、つい反射的に『いる』と答えたんだが、東京に戻る車中でのやり取りで『隣にいる人を大切にしてくださいよ…』って言うのがやけに悲しそうに感じたんで、何か関係あるのかも知れない…

また、両親を亡くし孤独の重圧に耐えきれず他の人を選んでしまったんじゃないかと…だとしたらボクに取っては致命的な返答をしたことになる

また幼児の頃、ボクらが実家に帰る日の朝、ボクらといたのが楽しかったのか別れ際にあらん限りの声で泣きわめいていたのを憶えているけど、大人はどうなだめたのか?

ボク自身が大人になった今、容易に想像出来る→それがトラウマ・インナーチャイルドの原因になることを

まぁ全く何の考えなく感じた通りなんとも思われてなくて、ただないがしろにされただけかもだけど(笑)

ツイン女性への怒りが再浮上し収まるまで

これで良かったのか

それからしばらく…時たま出てきたけど2年くらいは他のネガティブ感情(哀しみ・畏れ)の方が強く、怒りは収まったかのように思えたんだけど畏れが消えてきた頃にまた怒りの感情が浮上しだしたんです

これは星の動きの影響もあるかもしれないんだけど、なかなか消えなくて4ヶ月くらいは怒りっぽかったの憶えてます

である時期消えたんだけど…それは一時的に自分がやりたいことが出来るようになったからかもだけど、ここで自分軸確立直前にありがちな…自分軸を確立したと思い込んでたけどまだなりきれてなかった部分

→自分が一番向き合いたくないネガティブな自分がお試しイベントで出てくるんです

そこで氣づいたんだけど、怒りは相手のせいにしてれば自分でも触れたくない自分を見ないで済むようにできるアイテムではないかと…

ツインレイの関係には不安や畏れは持ち込めないから、怒りが収まらない限り(怒りが自分の中にあると認めない限り)再会は無理だと体感したんです

ここまで来ればしめたもの→あとは動く!行動あるのみです♪

まとめ~ツイン女性への怒りは自分で収めるしかない!

自分軸って素晴らしい

★ツインレイ男性(ボク)が怒った直後に思ったこと
◆ツインが従妹であるが故に思うこと
◆理性的に考えながら怒ったが感情的と取られた
◆相手は何とも想ってないかもだし考えがあるかも知れない

★ツインレイ男性の怒りが収まるまでのプロセス
ツインレイ男性であるボクの怒りの発端
ツインレイ女性をガマンできず怒った理由
怒った後どう感じたか
怒りが再浮上し収まるまでの変遷
怒りは向き合わなければいけない自分を隠す
怒りは自分で収めるしかない!

ツインレイ男性の怒りを静めるのはツインレイ女性しかいない…という考えがありますが、表面上は癒やされて収まりますが、自分が触れようとしない自分に本人が向き合わなければ何度でも同じことをしでかすので女性側も疲弊してしまう可能性があるので、怒りを静めたいならそのことをなに氣なく伝わるような工夫が必要かも知れません

これを注意しないとツインレイと一緒にいることはいつまで経っても起きないし、例え再会してもまた離れてしまいます

なぜなら『不安』『畏れ』『怒り』などのネガティブ感情はツインレイとの間には持ち込めない仕様になってるからです

しかし、そこを乗り越えれば今まで感じたことのない安らぎを感じるはずです✨

諦めたらそこで終り…無理なくいきたいですね

今回は以上です

Twitterで毎日その日に感じたツインレイ男性から観たツインレイに関する日常的な氣づきを発信しています

ボクのTwitterのHomeへ 良かったら観に来てくださいね(^^)/

でわでわ旅団でした☆

またお会いしましょう(^^)/

最近の記事

よかったらシェアしてね!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる