人に言ってもなかなか分かってもらえないツインレイとの問題…そんなあなたの悩みをより解消すべく現在2020年まで書いた記事の大改訂を順次行っています(^.^) 読みづらいなどご迷惑をおかけしますが皆さんとお話できる環境も整えていきます。どうぞよろしくお願いします(^^)/

ツインレイとシンクロ二シティ ツインに逢いたかったと氣づく時Ⅲ

  • URLをコピーしました!
ねぎさんによる写真ACからの写真

こんにちは✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(^.^)

→プロフィールはこちら

ブログランキングにご協力ください→バナーをポチッと✨

ブログ村にも清き一票を✨

前回のお話

なんか改めて振り返るとそんな会ぉてないんじゃ💦

ツインは会う回数や期間の長さじゃないから氣にせん

でも好きな人とは一緒にいたい

そうだけどツインはそれ以上のもんあるんよ

この記事で分ること
ツインレイプログラムは静かに進行
【身内の死】には意味がある
出逢う前には怒濤のシンクロが起こる

目次

ツインレイとしばしの別れになるきっかけ

amamiさんによる写真ACからの写真

公式LINE友達登録で無料恋愛占い♪

ツインレイとしばしの別れになるきっかけ
祖母の死
母の死からのメッセージ

実はツインレイである従妹としばしの別れとなる時、ある共通点があるんです

それは【身内の死】です

これはやはり、ある程度のショックがなければ我が身を振り返ること、整理することってなかなか無いからでしょう

ツインレイプログラムって凄い綿密に出来てるんです

祖母の死

ボクと従妹をつないでくれてたもう一人の協力者(一人目はうちの姉ちゃん)

それが、おばあちゃんでした

そのおばあちゃんだけど…ボクが高校の時、原付に跳ねられ亡くなってしまったのです

おばあちゃんと言っても早く結婚したので亡くなった時の歳は今のボクの歳よりも若くて…

葬式の時おっちゃんの奥さん…おばさん(従妹のお母さん)が『これから親戚同士仲良くやっていこうね!』

…と、泣きながら言って来たのをボクは漠然と

”もうここに来ることはもうないんだろうな…”

と、感じました

身内の死からのメッセージ

うちの母とおばあちゃんがおばさんとあまり仲が良くなかったんです

ばあちゃんが亡くなったのも同居してる間、冷遇されて

”もう生きなくて良い…”→役割が終った

それで亡くなったんだろうなぁ…と、直感的に亡くなった時感じたんです

従妹が言うにおばさんは亡くなる間際に『悪いことをした…』と悔いていたらしいけど

”もう生きなくて良い…”

と、おばさんもやっぱり思ったのかも…あとを追うように叔父さんも数年後に亡くなりました

例外はモチロンあるけど

本人が”もう、生きなくていい”

と、感じた時やっぱり死ぬんだろうと思います

ただそれだけでは無くダブルミーニング…残された者に対するメッセージも込めて

父や母が亡くなった時にもその感覚がありました

今思えばボクが従妹に逢った2ヶ月後に母が亡くなったのはとっても意味あることでした

ともあれ実際にそれ以降、ボクが従妹の住む街には行くことはしばらくなくなりました

目次に戻る↑

ツインレイとして再会する以前にあった出来事

paswaさんによる写真ACからの写真

ツインレイとして再会する前に起こった出来事
叔父さんが東京に転勤してくる
思わぬ従妹との再会
叔母は二人の縁を昔から感じてた?

叔父さんが東京に転勤してくる

時間は前後して、ボクが大学卒業してしばらく経った頃の話です

おっちゃん(従妹の父)が突然単身赴任で川崎に引越してきました

家族想いでもあるんでずっと住む街から出る人ではない…と思っていたので意外に感じました

そして何年か後、今度はなんとおばさんと従姉(ツインのお姉さん)が従妹を一人残して上京してきます

旅団

ここ、ポイントなのかも…

なぜか、一家全員でなくツインである従妹だけ上京してこなかったんです…

これって、まだツインレイとして出逢うタイミングじゃなかったってことだったのかなぁ…と、今振り返ってみて改めて感じるトコです

思わぬ従妹との再会

それから数年後

地元に帰らないまま、従姉が関東で結婚することになったんです

おばあちゃんの死後10年以上は経ってたかな…

ここでやっと従妹と『ほんのいっとき』ではあるけど、久々の再会となるんです

叔母は子どもの頃から知っていた!?

結婚式の二次会で、どういうか…どれくらいの時間かは忘れたけど、ボクと従妹の二人だけはぐれてしまったんです

で、見つけた叔母が開口一番!『二人怪しい~♡♥…何やっとったん♪』と…

姉から見てボクと従妹・母には見えないつながりがあるのが分かると聞いたのを以前書きましたが…

叔母も見えないつながりをボクらが子供の頃から見てたんかも知れんなぁ…と、ふと思いました

そんなこんなで、トータルどれぐらいかな…

10時間もなかったと思うけど…他に大したイベントも起こらず結婚式での従妹との再会を終えたのです

この出来事は従妹にも記憶があり再会した時の話題にもなったんです

この出来事もなにか意味があったのかも知れません

目次に戻る↑

そして、訪れたツインレイとしての再会

acworksさんによる写真ACからの写真

ツインレイとして再会した際に起こったこと
出逢う6年前にあった伏線
怒濤のエンジェルナンバー祭り♫
たまたま買ったCDに出逢いのサインが

出逢う6年前にあった伏線

それからさらに時は進み結婚式から数えて二十年余過ぎた2019年

従妹と再会しました

その逢う数年前に伏線に出くわしたことを以前記事で書きました

ツインレイに出逢う伏線

今思えばこれ以上のタイミングなんて考えられないくらいのタイミング…

そんなタイミングで、ボクの生まれた…そして従妹の住む街へ、なぜか一人で行く決心をするんです

その時のボクにはツインレイの言葉や概念も…自覚症状もありません

演奏旅行なんでその街も出向く場所の一つとしてしか考えていませんでした

怒濤のエンジェルナンバー祭り♫

しかし、思い起こせば出向くにあたってこれもまた不思議体験…

怒涛のエンジェルナンバー祭りが(笑)

例えば出向く際に車を整備に出した日がエンジェルナンバー

東京に実家から車を持ってきた日がエンジェルナンバー

演奏旅行の初日がエンジェルナンバー

どれも、意識して選んだ日ではないんですっ!

たまたま購入したCDにも出逢いのサインが…

そして、その演奏旅行初日…

エンジェルナンバーの日にたまたま一緒に出演した方から買ったCD

その中に入ってた曲の何曲かがなぜか気に入って車での移動中にヘビーローテーションで聴く羽目になったんです

そして数日後。従妹との再会

それが、後で従妹との関係に氣づく意味あるものだったのを東京に戻ってから知ることになるんです

時間がある方は、良かったら聴いてみて下さい(^.^)

目次に戻る↑

この記事のまとめ

項目のまとめ

ツインレイとしばしの別れになるきっかけ
祖母の死
母の死からのメッセージ

ツインレイとして再会する前に起こった出来事
叔父さんが東京に転勤してくる
思わぬ従妹との再会
叔母は二人の縁を昔から感じてた?

ツインレイとして再会した際に起こったこと
出逢う6年前にあった伏線
怒濤のエンジェルナンバー祭り♫
たまたま買ったCDに出逢いのサインが

やっぱり繋がっている!

幼少の頃から現在までを振り返ってみたんですが…

やはり何らかのプログラムで時間が流れてるような氣はしますね

盲信は禁物だけど、普段と違った視点で全体を俯瞰すると氣づくことってあると思います(^.^)

みなさんもやってみたら思わぬ発見があるかも知れません✨

心を軽くして生きたいですね

今回はこれで以上です

Twittrで毎日その日に感じたツインレイ男性から観たツインレイに関する日常的な氣づきを発信しています

ボクのTwitterのHomeへ 良かったら観に来てくださいね(^^)/

またZOOMでツインレイに関する相談も承ってます(顔出しは任意です)、詳細お問合せはtwin04050606@gmail.comもしくはお問合せフォームからお問合せ下さい、一緒に解決していきましょう✨お気軽にご相談ください

メルマガご希望の方はこの青文字をクリック☆只今10数通まで制作していますが、それ以降は2022年5月中に復活予定☆お楽しみに♪

でわでわ旅団でした☆

またお会いしましょう(^.^)

続きはこちら♪

最近の記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次へ戻る
目次
閉じる