人に言ってもなかなか分かってもらえない…そんなあなたの悩みを解消するツインレイ関連のメルマガの配信を開始します♪ みなさんとお話できる環境も整えます。 詳細は先頭ページ『ツインレイに関する体験談を交えたメルマガの配信を始めます♪』をご覧くさいね\(^o^)/ 

ツインレイとの出逢いとその伏線…統合と両想いの違いを語りたい

座り込み笑い合う高校生カップル

こんにちわ✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している一般社団法人日本ツインレイ協会所属カウンセラー『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(*^_^*)

→プロフィールはこちら

自分の片割れであるツインレイと早く逢いたい…ツインレイの概念をネットや雑誌で知ってしまったあなたは、そう願うかも知れません

しかし、残念ながらツインレイと今世で奇跡的に出逢えたからと言ってスムーズに事が進み、つき合えるものではない…です

ツインレイの統合は元から二人の間には『愛』しかないのに、出逢うまでの魂の成長に若干のズレがあるためにすんなりいかず、二人それぞれの想いのすり合わせが必要な期間が起こります

そんな一筋縄でいかないような関係なのに、出逢う前には伏線があります

そして、サイレント期間に入っても、統合へ向けた節目節目に現れる数々の伏線…

今回は、その伏線について考えていきますね♪

ツインレイ男性の辛さの原因(三次元編
☆年齢差がある
☆片方もしくは両方既婚者・パートナーがいる
☆出逢ってから距離を置く・距離を置いてしまう
☆育ってきた環境や価値観が違いすぎる
ツインレイ女性とは遠距離

目次

ツインレイとの出逢いとその伏線

ささやき合う子供カップル

ツインレイという言葉が流通するようになって、まだそんなに月日は経っていないのをご存知ですか?

ツインレイという言葉が地上に降りたのは、1999年にミシガン在住のスピリチュアリスト、リサ・J・スミスさんがサナンダより受信した事にはじまります。それが日本に伝わったのは、それから数年を過ぎてから、幾つかのサイトがネット上で、その一部を翻訳して伝えたことがきっかけでした

参照:https://sopdet.com/6392

ツインレイと出逢うのは人生の後半であることが多いので(稀に若くして出逢うこともある)、現代では、感受性の高い時期にツインレイと言う言葉すらなかった世代…昭和30年~40年代の方がツインレイと出逢える世代の大半でしょうから、ツインレイと知らずにすれ違ってしまう人も多いかと

しかし『ツインレイ』と言う言葉が独り歩きしてしまい、まだ出逢う時期でもないのに通常の恋愛を『ツインレイ』と思い込み、思い悩む若い(特に)女性も多くなっているようです

お相手がツインレイである…と、言うのは本人にしか判断できない(ツインレイ鑑定を否定はしませんが最終的な判断は、やはり本人です。)ので、若くしても出逢う人もひょっとしたらいるかもなんですが、ツインレイとの間には出会う前やそれ以降も伏線があります

ボクに起こった伏線

めりーさんという方が感じた伏線

ボクの場合、上側のリンクに書いたように、出逢う数年前から伏線がありました

不思議なことに、下側のリンク先のブログのめりーさんて方も同じように、伏線があったとブログで記事にしています

そして、お相手さんに出逢った時、すぐに自分にとって今までに出逢った、どの人よりも『特別な人』だと言うのは、出逢ってすぐ分かりました

ツインレイという言葉を知ったのは、そのおよそ1ヶ月後です

ツインレイの統合と一般的な男女間の両想いとの違い

ツインレイと思われる相手に出逢ってしまった初めのうちは『(三次元的に)一緒にいたい!』『自分のものにしたい!』と、言う気持ちに普通の恋愛と同じように感じます

そして、ツインレイであるお相手さんにも、自分が思っているように好きになってもらいたい…いゃ、何の根拠もなく好きであるはず!と、思い込みます(笑)

しかし、実は一般的に 恋愛の『好き』という感覚は、純粋にお相手さんを愛してるのではなく、『相手の気を引きたい』感情がかなりあります…

つまり『両想い』とは、お互いに相手の気を引きたい想い…自分のことを受け入れて欲しいと言う想い…願望を実現したい感情が強いんです

では、『ツインレイの統合』での想いはどういったものだと思いますか?

ツインレイの『統合』での想いは、一般的な『両想い』が『受け入れられたい』という想いに対して、お互いに相手を束縛することなく受け入れるではなく、受け容れる…

『ツインレイの統合』はお相手さんの自由も認め、すべてを受け容れて大切にすることであり、お相手さんに受け入れられるのを求めるあまり気持ちを試したり、不安にさせたりする一般的な恋愛とは違います

ツインレイは対極に位置する自分自身であり、出逢ってしまえばお互いの間にある『愛』を改めて気づき(築き)あえる関係です

なので、いわゆる恋愛関係である『両想い』から抜け出さない限り永久に相手を試し、傷つけ合う間柄になりかねません

ツインレイであるお相手さんを『愛する…受け容れる』ことが大切

このツインレイの愛する…は、相手の存在を慈しむことであり、相手の状況をコントロールしたり、コントロールしたいと思うことではなく、お互いに見守る(状況を受け容れる)ことです

ツインレイ男性の辛さの原因(三次元編
☆年齢差がある
☆片方もしくは両方既婚者・パートナーがいる
☆出逢ってから距離を置く・距離を置いてしまう
☆育ってきた環境や価値観が違いすぎる
ツインレイ女性とは遠距離

そして、ツインレイ同士は統合に向けて動き出す

ツインレイの統合は、お相手さんを受け容れ大切にすることであると言いましたが、出逢って間もない頃は、先にも話しましたがそんなことには気づかず、普通の恋愛の特別版…何だかよく分からないけどいつもより想いが強いとだけ感じるんで、今までと同じ手順でつき合おうとすると何か噛み合わない・すれ違う…と言うことを繰り返してしまいます

例えばお互いに相手を思いやってるつもりの行動が、ことごとく裏目にでてしまったり…

そして結果的にツインレイのプログラムである、サイレント期間に突入してしまうんです

今まで気づかなかった・隠されていた自分の感情が浮かび上がってきて苦しむことが多いです

この苦しみは『裏切り者のユダ』と同じような感覚かと

…しかし、この苦しみは産みの苦しみにも似ていると感じていて、このサイレント期間…調整期間があるからこそ、今までも身近にあったけど様々な感情に覆われてたもの→究極の愛に気づくんです

究極の愛とは言いますが…ボクが思うにその究極の愛って、めちゃくちゃ日常にあるもの…

『おはよう!』『大雨だったけど、大丈夫だった?』『あんま、無理しないでね』…etc

何気ない日常会話が、特に意識することもなく…そして、ツインレイの二人の関係が例え端から見てよくない状況にあっても、何の思惑もなく言葉を交わせる心境に行きつくのがツインレイの究極の愛なんです

ツインレイの統合後、男性と女性はどうなる…そしてまとめへ(笑)

『ツインレイの統合』とは、『愛する(受け容れる)』ことの向こう側にあって、調整期間の節目節目で起こる伏線に沿って転機があり、次第にお互いがお互いを心から受け入れられるようになり、お互いの世界を一つだと捉えて慈しむことであるように思います

ツインレイのお互いに持っている真逆の世界…これが重なることで二つの世界が愛によって融け合って、ひとつになる…それが『ツインレイの統合』かと

お互いに相手の存在を受け容れ、相手の周りの環境そのものを受け容れ、すべてが愛で繋がっていると感じられる…

お相手さんに対して『自分の想いを受け取って欲しい…唯一無二の存在なのだから、彼女(彼氏)とは別れるはず!』と、あなたが調整期間に入っても心のどこかで思っているのだったら、それは残念ながらまだまだ独りよがりの域を出ていないんでしょうね…

結果的にツインレイの統合とは、すべてが一つだと気づくことであり、何か状況が変わるのかと言ったら実は何も変わりません

変わるのはあなたとお相手さんの固定観念で少しづつ…次第に共有部分が広がっていくものではないかと思います

何も変わらないような日常を…すべて受け入れ、ツインレイならではの…ものすごい特別感がある中で、すべてを愛する

もし、すべてを愛し切れなくて…お相手さんに愛情を認めて欲しくて、現状を変えることを迫るのなら、それは自分を愛して欲しいというエゴでしょう。(それは、お相手さんへの愛ではないでしょうね)

それに気づいたなら、お相手さんを心底愛しているという事実だけを信じて、他は成り行きに任せる方向へシフトするのがベストでしょう…(結果、好転するのが本物の愛…ツインレイとの愛かと)

それは、お相手さんが、まだ距離を置きたいと思っている、その不安・恐れをも受け容れるということです

ツインレイの関係って、別々の人生を一生懸命生きようとしている分、一緒にいようとすると3次元的には都合の悪いことばっかりです

現実にこだわっている限り、いつまでたっても都合の悪い感覚に囚われ、都合が悪い感覚は恐れや不安を呼び、愛を純粋でなくします

なすがままに任せる…

そしていつか、お相手さんが還って来たその日には、全力で受け止めてあげる…

ツインの愛は、本来なら何も邪魔するものはないはずです

それは誰にも絶対、奪われたり傷つけられたりしません

邪魔しているのは、3次元的感覚に囚われコントロールしようとしている、あなた自身かも知れません

両想いと統合は全然違います。あなたが今、目指しているのは両想いでしょうか…それとも統合でしょうか…

ツインレイに出逢う人は、出逢う前からその違いには薄っすらと気づいているかも知れません

しかし、ツインレイ男性は、ツインレイ女性と出逢うと、ツインレイ女性しか見えなくなるので、ツインレイ女性のことを永久に一番に愛してしまいます

果たしてツインレイ女性はどうなのでしょうか?

ボクは男性だし、女性は男性よりも遅くツインレイだと感じるようなので、また違う感覚かも知れませんね…

今回はこれで以上です

最後まで読んでいただきありがとうございました♪旅団でした(^^)/

でわでわ、また別の記事でお会いしましょう♪

よかったらシェアしてね!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる