人に言ってもなかなか分かってもらえない…そんなあなたの悩みを解消するツインレイ関連のメルマガの配信を開始します♪ みなさんとお話できる環境も整えます。 詳細は先頭ページ『ツインレイに関する体験談を交えたメルマガの配信を始めます♪』をご覧くさいね\(^o^)/ 

ツインレイ再会の前兆だったアニメ⑨WHITE ALBUM2・Ⅴ

抱き合う冬馬かずさと小木曽雪菜
『WHTE ALBUM2~introductory chapter』より(https://aquaplus.jp/wa2/) ©AQUAPLUS

こんにちわ✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している一般社団法人日本ツインレイ協会所属カウンセラー『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(*^_^*)

→プロフィールはこちら

ツインレイに出逢うための伏線として現れたであろうアニメ・ゲーム『WHITE ALBUM2』の5回目です

前回の記事はこちら♪

今思えばボクにとってこのアニメ・ゲームは、ツインレイの概念を知るエッセンスが多分にありました

さて物語ですが、前回は雪菜が春希とつき合うトコまでお話しました

つき合うことを雪菜本人から聞いたかずさの心中はどのように変化していくんでしょうか

旅団

今回は旅団的解釈として、春希とかずさをツインレイと見立てストーリーを追い、『WHITE ALBUM2』がボクの経験や一般的なツインレイの特徴と符合する点を書きだしていきます♪

(あくまでも個人的見解です。実際の作品がツインレイを裏テーマにしてるかは定かではありませんw)

緊急告知!!

YouTubeの『きずなツイレイチャンネル』の管理者きずなさんと一緒に明日3月26日18時よりツンレイに関してのオンラインライブ!生対談をオンエアします☆興味ある方は↓の『あわせて読みたい』を今すぐクリック

目次

春希のツインレイであるかずさは、やはり分かりにくい

春希に語り掛けるかずさ
【冬馬かずさ】アニメ『WHTE ALBUM2』第三話より©PROJECT W.A.2

春希と雪菜がつき合うことを知ったかずさは一見冷静で、気にもとめていないような素振り

これがアニメじゃなくリアル…現実なら、大抵は心穏やかでない…普段と微妙に違う雰囲気を漂わすんで感の良い人にはピンときたりしますよね

しかしアニメだとどうしてもそこまでの心の機微が表現できないので(全くできない訳でもない→現にこのアニメの中でも、”おっ!”と思わせる雪菜の心の機微がていねいに描かれている箇所があります)分かりにくかったりします

その分かりにくさを明らかにするために、あと出しで雪菜がまだかずさと春希の前に現れる前の二人のやり取りとか、かずさ視点から同じシーンを描いてその時かずさがどう感じていたかが表現されてきます

例えば三人で一泊二日の温泉旅行にいくくだりがあるんですが温泉旅行からの帰り、つき合っている二人を降ろしかずさの運転する車は何事もなく走り去るだけのシーンがあるんですが、かずさ視点での回想シーンでは二人を降ろしてから運転しながら号泣するかずさ

この手法をボクは大学の頃、橋本治の『桃尻娘』シリーズで初めて知りました

それ以前にはなかったんじゃないかな…それだけ複雑な人の心を表現する必要性が時代の進行とともに出てきたのかも知れませんね

話が横道に逸れました…続けます

それら回想シーンでは、最初は春希のことをおせっかいに思っていたかずさが、春希のことがだんだん気になっていく様子も描かれています

中でも春希からもらった参考書を落としたのを家に帰ってから気づくんですが、いったんはしょうもないこととしてふて寝するんですが、どうにも落ち着かなくなり雨が降りだしたにも関わらず、ずぶ濡れになりながら探しに行き見つけ出すシーンがあります

これら回想シーンをみてピン💡✨と来る人はいるでしょう

かずさと春希には、雪菜がどうがんばっても届かない何か…先に出逢ったからって理由じゃない宿縁のようなもの…赤い糸・うまがあう・周波数が一致・ツインレイ…

見えない何かがあり、二人のきずな…それが感じられるような空気が漂っているんです

これをアニメでみえない何かを感じ取っている人にピン💡✨と来させるってのはすごいことなんじゃないかなぁ…って思うんです

ツインレイとしてのかずさの切ない想い

この上なく辛いかずさ
【冬馬かずさ】アニメ『WHTE ALBUM2』第十話より©PROJECT W.A.2

物語は、リアクションの全くない無機質のようなかずさを描いていきます

そんなある日傷心からか、かずさはみんなに黙って音楽留学の手続きをしに渡欧します

すぐに帰国するんですが行方をくらましたかずさに刺激され春希の心もゆっくり動き出し、時期を同じくして行方知れずのかずさを探し始めます

空港からの帰路の途中、春希についに見つけられ黙って音楽留学を決めたことを責められたかずさは、今まで黙っていた破裂しそうな春希への想いを思いのままにぶちまけます

愕然とする春希…

てか、これはツインレイ女性の天然の”ポカ~ン…”と同種の”ポカ~ン”です

ツインレイ女性の女性性を内包する春希には思ってもみなかった…斜め上からの告白だったから

春希は元々かずさが好き…と言うより縁を感じてたと思われます

そして今までハッキリ自覚してなかった春希の想いのタガが外れて力任せにかずさにキスしますが、そんな行動をかずさが良しとする訳はありません

春希を思いっきり突き放し『どうしてそんなにキスがうまいんだよっ!…今まで雪菜と何回キスしたんだよっ!』と泣きわめき去っていきます

こんな状態でもキスしたくなる春希の気持ちは分からなくはないけど、かずさの気持ちの方が物語を観てる人に共感されるんじゃないでしょうか…

どんなにキスされようが、春希が雪菜とつき合っている以上、前には進めない…せつない想いが伝わってきます

そしてかずさはツインレイの『ランナー』になりサイレント期間が始まる

再び巡り逢えた二人
【冬馬かずさ】アニメ『WHTE ALBUM2』第十二話より©PROJECT W.A.2

失意にくれたかずさが春希たちの前から姿をかくしたまま、とうとう卒業式の日がやってきます

そして卒業式も終り、仲間たちと集まってるところに雪菜からかずさが学校に来ていたとの知らせが…

春希はかずさを探します…しかし、どこを探しても見つかりません

夜になり半ばあきらめて自宅に戻って途方に暮れてたところ…かずさからの電話がきます

実はかずさは春希の家の近くから電話してたんですが…

そんなかずさを春希はみつけてしまうんです

これも、ピンと来る人には来るんじゃないかな…

まぁ物語の演出ではあるけど、決してご都合主義にとどまるものではないですね

リアルな世界でもこれはありえます

縁のある者同士ってのはこういうもんです

直感ってもんがこういう時には威力を発揮するもんです

その夜二人は愛を確かめあうんですけど、かずさのせつなさは変わらず解決しないまま…

春希が寝ている間にそっとかずさは部屋を出て今度こそ『さよなら』を決めて空港へ

これって、ツインレイの特徴で言う『ランナー』の行動にも似てるかと…

『チェーサー』となった春希は雪菜とともに空港へとかずさを追いかけていきます

その空港においてもまたミラクルが…

空港で春希はかずさを見つけてしまうんです…

もう二人にはツインレイとしての縁があるんだと思わせるシンクロニシティです

二人が別れのキスをするのを目の当たりにしてしまう雪菜…分かってはいたけど涙が自然にこぼれてきます

エナジーバンパイアではないのに結果的に偽ツインレイを担ってしまう切ない雪菜

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=N1ptLE5PW4w)

ここで湧き出てくる問題…

雪菜は春希のなんだったんでしょうね…

何ものでもない…レッキとした春希君の恋人です

しかし、春希君にとっては、自分はかずさが元々好きだったんだと気づかせてくれた人でもあるんです

そんな彼女…雪菜を『偽ツインレイ』と言うのは忍びないんですが、役割としてあるのは否めません

誰も悪い人はいない・何も悪いことは起こっていないのに切ない…

そんな物語にはまだ続きがあるんです

どうなるんでしょうね?

次回をお楽しみに!

この『WHITE ALBUM2』のブログ記事はここから始まっています

よろしければ読んでみてください

旅団でした(^^)/

でわでわ、また別の記事でお会いしましょう♪

ご覧いただいてる方の中で、『WHITE ALBUM2』を観てみたい!と、言う方いらっしゃいましたら、U-NEXTの見放題プランに含まれているので、31日間トライアルにお申込みいただき、その期間内でしたらご負担なく視聴することが可能です♪

緊急告知!!

YouTubeの『きずなツイレイチャンネル』の管理者きずなさんと一緒に明日3月26日18時よりツンレイに関してのオンラインライブ!生対談をオンエアします☆興味ある方は↓の『あわせて読みたい』を今すぐクリック

よかったらシェアしてね!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる