人に言ってもなかなか分かってもらえないツインレイとの問題…そんなあなたの悩みをより解消すべく現在2020年まで書いた記事の大改訂を順次行っています(^.^) 読みづらいなどご迷惑をおかけしますが皆さんとお話できる環境も整えていきます。どうぞよろしくお願いします(^^)/

ツインレイの覚醒!男性が生まれつき覚醒の覚悟を促されてる場合

  • URLをコピーしました!

こんにちは✨

ツインレイ情報が増えつつある昨今にも関わらず、当ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ツインレイと出逢いその不思議な経験をし、その関係を探求している『旅団』です(^^)/

このブログはボクが実際に体験したツインレイのお相手さんとの間に起こったことを元に正真正銘ボク自身が書いています(^.^)

→プロフィールはこちら

ブログランキングにご協力ください→バナーをポチッと✨

ブログ村にも清き一票を✨

子どもの頃からツイン君は違って見えた…

オレもだよ、覚醒してたんかもね

覚醒⁈

完全じゃないだろけど、自分に通じるもの感じてたんならそう!

安心感があるの!不思議だよね

旅団

今回はボクの身に起こったツインレイとしてどんな促し…覚醒のサイン・プロセスがあったかを通じてツイン男性の心の変化が分ります♪

この記事で分ること
ツイン男性が生まれつき覚醒の場合伏線に氣づく
覚醒が早いとツインレイと氣づきチェイサーになる

目次

ツインレイ男性の覚醒のプロセス『ツインレイと氣づく前』

公式LINE友達登録で無料恋愛占い♪

日常的な覚醒

ツインレイ男性の覚醒のプロセス『ツインレイと氣づく前』 
昔からツインに関わるゾロ目があった
ツインレイに出逢う伏線があった

生後全てのものがお相手に繋がってたと悟る

昔からツインレイに関わるゾロ目があった

ボクの場合、生まれてこの方日常生活にやたらゾロ目があって家族とも『何でだろうねぇ…⁈』と話題によく昇ってました

最近になって、そのゾロ目は『エンジェルナンバー』と言って、数字に意味があることを知ったんです

そして思い返してみるとツインレイとの間には自分たちだけのエンジェルナンバーがあるのを発見!

例えば、住所の番地・車のナンバー・初めてツインレイの家に遊びに行った日・母の誕生日・従妹の誕生日…他多数

そして、二人だけの特別なものとしては実家の電話番号がツインの誕生日とボクの生まれた昭和の年号のゾロ目

→これは電話を入れた当時(いつの時代だよw)家族からも言われました

日常の中のエンジェルナンバー

そしてゾロ目ではないけどツインあるあるで、従妹の生まれた年がボクの生まれた月日なので、年号で生年月日を書くと二人が並んでいる…と言うのがあります

ツインレイに出逢う伏線があった

2019年に再会する6年前に思い返したら伏線がありました

それまで恋愛ものには興味が殆どありませんでした

それがたまたま出かける間際に観たアニメの1シーンが発端で恋愛ものを追いかけてる時期があったんです

ツインに逢ってから分ったのはそれは心の奥底にツインを想う視点があって

  • その視点から恋愛作品を観ていた
  • その作品がこれから自分の身に起こることを暗示していた

このことにサイレントに入ってから氣づき、これら一連のものがツインレイに出逢うための伏線だったと悟りました

伏線となったアニメ作品

生後全てのものがお相手に繋がってたと悟る

先にお話した恋愛ものによる伏線もそうですが、他にも伏線があります

例えばボクが好きな歌…なんで好きかというとやはりツインを示唆する内容であったとか

→自分で作った曲の中にも無意識に彼女を想定して書いたであろうものがたくさんあったり…

歌以外にも自分の好きなものが彼女に繋がってたり、行動が再会を想定してたかのような行動であったのが分りました

そして再会にいたる年数にも伏線があるとサイレント期間中に導かれるように知ったんです

出逢いはプログラムされていた?!

目次に戻る↑

ツインレイ男性の覚醒のプロセス『ツインレイと氣づいた後』

運命の氣づき

ツインレイ男性の覚醒のプロセス『ツインレイと氣づいた後』 
ツインレイ女性に一途になる
自立心が芽生える
自分軸(無条件の愛)を確立する

ツインレイ女性に一途になる

これは、一途になるというか、今まで潜在意識下ではs最初からずっと一途だったってのが逢って分りました(笑)

ツインレイ女性に尽くしたいと言うよりは、元からそこにいるのが当たり前のような感覚

…普通の恋愛とは明らかに感覚の違い一緒にいるのが当たり前の相手だという認識なんです

しかしだからと言ってすんなり飛び込む訳にはいかず、躊躇する要因がいくつもありました

その迷いが呼んだんでしょう→想いをハッキリさせるため・氣づきのためサイレント期間がやってきます

自立心が芽生える

本当の意味で自立心が芽生えるには時間がかかりました

サイレント期間に入る際、現実崩壊が起き廃墟に佇むような日々が続いたからです…かなりのダメージが正直ありました

しかし、そんな状態が長く続く訳もなく、次第に日常を取り戻していきます

ツインレイはお相手を愛することをやめることは出来ません…

そもそも恋愛のようにやめるという概念がツインレイにはないから

二人の間には深い縁があると言うことを魂レベルでハッキリ認識してるんですね

そしてエゴや執着・ネガティブ感情は手放せません…と言うか手放すを額面通り受け取ってはいけません

自分の心の中にエゴや執着があるのに氣づき、認め受け容れることがツイン道で『手放す』と言う意味

そしてしっかり受け容れていけば(自分の中にあると認めた)エゴや執着は自然と昇華し消えます

サイレント後期にもなるとネガティブ感情も薄れてくるので、自分を再構築する力が無意識に稼働

自分の環境が変るような出来事が仕事でもプライベートでも立て続きに起きるんです

自分軸(無条件の愛)を確立する

自立心が芽生えるのと同時に自分軸(無条件の愛と限りなく同じ)の形成も始まります

自分軸の確立は見誤りやすいところがあって、どうしてかというと確立するには自分と向き合うのが必須なんです

しかし自分では向き合ってたつもりでも本当に向き合うのは並大抵では立ちいかない…

自分でさえ向き合いたくない部分を直視しなきゃなんでともすると独りでは乗り越えられなんいです

それを乗越えたと勘違いしてるとその修正のためアクシデントが起こりまだ確立されてないと己に氣づきを促してきます

これに氣づけるどうかがサイレント期間においての覚醒終了の見極め

そこがクリアされて初めてツインレイとの再会へと舵を切る…覚悟が出来ます

目次に戻る↑

この記事のまとめ

心地よい覚悟

項目のまとめ

ツインレイ男性の覚醒のプロセス『ツインレイと氣づく前』 
昔からツインに関わるゾロ目があった
ツインレイに出逢う伏線があった

生後全てのものがお相手に繋がってたと悟る

ツインレイ男性の覚醒のプロセス『ツインレイと氣づいた後
ツインレイ女性に一途になる
自立心が芽生える
自分軸(無条件の愛)を確立する

覚悟にはもう一つ意味がある

ツインレイでいうとこの覚醒の到達点は『自分軸の確立』ではないかと個人的には感じます

言葉を換えると『どういう状況であっても相手を尊重し、自分の考えをちゃんと話すことが出来る状態』ではないかと

『無条件の愛』と同じで見返りを求めてないんです

ツインレイとの今世での最終到達点が『結婚』でなくても構わず、その状況に見合った『愛』で応対する覚悟がある状態です

そしてこの『覚悟』と言う言葉

みなさんは【困難なことを予想して歯を食いしばってガマンする】イメージがあると思うんですが…

『覚悟』には【迷いを脱し真理を悟る】と言う意味もあります

覚醒は【本当の自分に目覚めること】で真理【ツインレイの間には(ひいてはこの世には)愛しかない】を悟る覚悟♪

みなさんも覚悟をして魂の喜びそのものであるツインレイとの愛…宇宙からの最高峰の贈り物を笑顔で受け取ってくださいね(^.^)

今回はこれで以上です

Twittrで毎日その日に感じたツインレイ男性から観たツインレイに関する日常的な氣づきを発信しています

ボクのTwitterのHomeへ 良かったら観に来てくださいね(^^)/

またZOOMでツインレイに関する相談も承ってます(顔出しは任意です)、詳細お問合せはtwin04050606@gmail.comもしくはお問合せフォームからお問合せ下さい、一緒に解決していきましょう✨お気軽にご相談ください

メルマガご希望の方はこの青文字をクリック☆只今10数通まで制作していますが、それ以降は2022年5月中に復活予定☆お楽しみに♪

でわでわ旅団でした☆

またお会いしましょう(^.^)

最近の記事

目次に戻る↑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

メルマガ配信始めました!詳細は☟の画像をクリック☆

ブログ村ランキングにご協力お願いしますっ(●^o^●)

ブログランキングに参加しています♪

このブログに何か感じるもんがあった方…いぇ、感じなくてもポチっと『にほんブログ村』と書いてあるトコ(バナーと言います)か下のボタンを押していただけると励みになってより良い記事を量産します(ホントかよ~w)

よろしくお願いします(≧▽≦*)

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次へ戻る
目次
閉じる